スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマズ準備

去年、初めてナマズを釣りに行って、釣れないまま1回で終わってしまったので今年の夏はリベンジする予定でした。

夜行くと、暗闇でルアーの位置を正確に把握できないので、ケミホタルを装着できるルアーを探してたら、いろいろあったので2つ買ってみました。

まずは



Daiwa - ジッターバグ・トワイライトチューン

ジッターバグにケミカルライト搭載可のチューンドモデルがあるなんて知りませんでした。


もう1つは



Bassday - 闇鯰スナイパー9号

こっちもジタバグ系のルアーですが、フックがテールのみで、ベリーにはブレード。乱反射で……ではなくて、これがボディ下の突起に当たって音が出るような作りになってるみたいです。
面白そうなんでコレにしました。


他にも、テールがプロップになっている DUO - ウーピー ってのもあって気になってましたが、在庫切れでした。


あ、もちろん、ケミホタルも買ってきました。




近日中に初ナマズを求めて近所をさまよってきたいと思います!
(今週末は雨かな……)
スポンサーサイト

ビッフルバグ

特に欲しいものがあったわけではないんですが、なんとなく釣具屋へ行ってみたら、ビッフルバグとハードヘッドが置いてあるじゃないっすかー。

biffle1.jpg

ってわけで買ってみました。
あんまり普通の店に置いてないんで、今度なにかのついでに通販で買おうと思ってたんでよかったです。


biffle3.jpg

このソフトルアーを

biffle2.jpg

この連結タイプのフットボールジグにセットして

biffle5.jpg

こんな感じで使います。
フットボール型ヘッドの安定性と非固定のフック、そして中空ボディでボトムで立つのが特徴で、動かすとこの脚がいい動きします。

なぜコレが欲しかったかというと、ボトムを這わして使うらしいんです。リールを巻いて。
そういう釣りなら僕でも出来るかも!ってことで気になってました。



まぁ、いつ釣りに行けるのか、っていう問題がありますけどね(涙)

フットルース

中古ルアーショップで物色してたら、クリアカラーのルアーに目がとまった。

こいつです。



バンディットのフットルース?

でも、所有してるフットルースとはどこか違う気がする。

雑が売り(?)のパーティングラインは割とキレイに処理されているし、かといって現行品の見た目が綺麗な中国製とも違う。
もしかしたら違うルアーかもしれないけど、380円だったのでとりあえずキープ。

で、家に帰ってルアーボックスからフットルースを取り出して見比べました。



左が昔から持ってる初期型だと思われるフットルースで、中央が今回買ったもの。右が現行の中国製。



現行品はノーズ先端にラインアイがあって、全く別物のルアーになってるというのはよく言われる点だけど、今回見つけたもののラインアイは初期型に近い。
でも、ボディシェイプは初期型よりファットなので、やっぱり初期型ではないようです。



アメリカ製、中国製の他にメキシコ製のものが存在する話はどこかのブログで読んだことがあったけど、これがそうのかな?



並べてみても、このクリアというカラーのせいで、わかりにくいですね。

検索して調べても、初期型の人気のこと(特にボーン素材)や、現行品がゴミだという記事ばっかりで、メキシコ製(2代目?)に関してはいまいちよくわからずでした。
たぶん、フットルースで間違いないと思うんだけど……。

まあ、今はフットルースは使ってなくて、ウェイクマンを使ってます。

6" デッドリンガー

去年も久々のバスをキャッチしたときに使った Zoom 6" Dead Ringer は、僕の超フェイバリットソフトルアーなんですが、10年くらい持ってたストックも無くなりそうなので買っておこうと思ったら、最近全然見かけないんです。

6-dead-ringer-035-025-green-pumpkin.jpg

4" と 8" は、結構どこに行っても売ってるんで、もしかして中間サイズの 6" は生産やめたのか!? と思ったけど、 Zoom のサイトを確認する限り、まだ製品ラインナップには残ってる。在庫限りなのかなあ?

というわけで、先日、釣具店に行くたびに必ずチェックしていたところ、久しぶりに行った某店で残り1袋を発見してリアクションバイト。



昔買いすぎてたんで、ZBCロゴのシールが貼られるようになってからは、たぶん初めて買ったと思います。


そして今日、某中古チェーンで中古ワームを全部チェックしていったら、今までに買ったことのないカラーでしたが、1袋だけ見つけました。しかし……



53円て……。

店頭から消えていった理由が、わかった気がしました(笑)

ちなみに後ろの袋は、もう1つのマイ定番 Baby Brush Hog です。同じメーカーなのに、こっちは今もどこ行っても売ってますから、つまりそういうことなんでしょう。


4" と 8" がどこに行っても在庫があるのに 6" だけ無いのは、6" は、昔仕入れたものが売れて在庫がなくなったけど、4" と 8" は売れもせず店頭在庫が残っている、という見方もできるかもしれません。実際、4" は、形からして全くの別物ですし、8" は大きすぎて使う人が限られると思いますし。

店頭に無い状況が地域的なものならいいんですが、全国的だとすると、僕的には困りまくりです。


ちなみに使い方は、定番ではありますが、ウィードエリアでのテキサスリグ。



僕の場合は、沈みすぎないように 3/16oz ~ 1/4oz くらいの軽いシンカーで、大きなテールがヒラヒラヒラ~とアピールするように、リトリーブでスイミングさせるのが基本です。ソフトルアーを使った巻きモノです。もともと琵琶湖で有名になった使い方のはずですが、ウィードのある野池でも通用します(無くても釣れますけどね)。20cmくらいのバスでもちゃんと掛かるので、アベレージサイズが小さくても全然問題ありません。

Dead Ringer 以外にも、同じようなソフトルアーがたくさん出たので、どれでも釣れるんだと思いますが、ルアーフィッシングってルアーへの信頼度が低いと釣れない不思議なところがあるので、僕は Dead Ringer にこだわってます。日本市場から消えたら一生分を個人輸入するしかないですね(笑)

というわけですので、見つけたら一報ください m(_ _)m

キックするカエルのルアー

欲しかった river2seaDiver Frog 50 を入手しました!
だから本日3回目の更新です(笑)



リアルなカエル型です。



ボディは硬く、足がソフト素材なのが特徴で、顔にフックカードも装着されています。



スペアの足と、交換ツールが標準でセットされてるのも安心!



肝心の動きは、カエルそのもの!!
ダイビングさせると、ちゃんとキックするんです。



リモコン操作のカエルみたいで操作が楽しそうでしょ!
夏が待ち遠しい!!

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。