スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れず出撃 初チヌゲーム

昨夜は釣りに行くのやめて、ビール飲んでゆっくりしてました。
ところが、夜中、いつまで経っても眠れず……。時間が勿体無いので、近くの海へ出撃することにしました。
シーバス狙いです。

フィールドについてタックルを準備しようとすると、シーバス・ロッドと間違えてエギング・ロッドを持ってきてしまったことに気づく…(汗)
まあ、ちょっと硬いけど、使えなくはないのでいいか……。

30分ほどやってみるも、風が強く、シーバスの釣れそうな雰囲気もないので、考えた挙句、ちょっと場所変えて、前からやってみたかったシャローのチヌ・ゲームをすることに!

ジグヘッドに、ガシラ用に持っていたバグアンツをつけて、底をゆっくりズル引く。
ズル引く……ズル引く……。「こんなやり方でいいのかなあ?」と、1時間半ほど過ぎ、ちょっと心配になったころで

 コンコンコンコンッ!

突然のアタリに思わずリールを巻く手を止めてしまった!
しまった~!! チヌはアタリがあってからも巻き続けるのがキモだと雑誌で読んでたから、それだけは気をつけようと思っていたのに、急にアタリがあるとつい反応してしまう(涙)

まあ、あれがチヌだったかどうかわかりませんが……場所的にチヌ(キビレ含む)かシーバスくらいしか居ないでしょうし。

結局、その後はアタリもなく、根掛かりでジグヘッドを無くしてしまったので終了……。
近日中のリベンジに備え、帰りに某釣具店へ寄り道して買い物……。

chinulure.jpg

次回こそ……。
スポンサーサイト

神戸のスルメイカの状況

昨晩、スルメイカの状況をチェックしてきました。
エギングするつもりでしたが、海面に見えるスルメイカはかなり小型だったので、冷凍キビナゴを買ってきて今回はウキ釣りで狙ってみることに……。

普通に見えるくらいだからタナは浅い。ほぼ水面直下。1ヒロ以下にセット。
で、すぐさま一杯目。胴長10cm程度のスルメイカ。

で、しばらく無反応の後、久々のアタリは6cm程度のスルメイカ。小さすぎ……。

回遊なのか、

 胴長10cm~11cm → 胴長6cm~7cm → 無反応 →

という時間の繰り返しで、結局全部で8杯。結構バラシたので、アタリはもっとありました。
でも、せめて、あと5cm大きくなってほしいな。

スルメ

シーバス・リベンジ

先日のリベンジ。バチ抜けシーバスを釣りに行ってきました。
が、いい時間帯に行くことが出来ず、夜中に出撃。

まず、芦屋周辺のフィールドからスタート。
シーバス・アングラーは数多くいるも、海面は静か。釣れる気配なし。
とりあえず、シンペンをキャストしてみたけど、時間が無駄に終わりそうなので、1時間もせず、次へ。

次に向かったのは武庫川周辺のフィールド。
海面はこちらも静か。とりあえず、1時間ほどやってみる。
何度か、魚のアタリはあるけど、ボラかも……。

でも、何度かベイトフィッシュっぽい生命反応を、引いてるルアーから感じたのと、時々海面がざわつく感じがあったので、ミノーにチェンジしようと思ったけど、バチ・パターン用シンキング・ペンシルしか持ってきてなかったので、たまたまバッグに入れっぱなしになっていたR-32と静ヘッドのジグヘッドにチェンジ。

何回かキャストして反応がなかったので、周辺を少しだけ場所移動。

その移動が正解!
すぐにヒット!! バチ捕食系シーバスとは違う強烈なバイト!
久々に味わった首振り! ドラグがジリジリと鳴ってラインを引き出していく!! 足元まで寄せてきたのに、またラインを引き出して沖へ! 楽しい~!!

しばらく引きを味わった後、無事ネットイン!!

シーバス 62cm

62cmの元気いっぱいのシーバスでした!
ちょっと前にメバル狙ってシーバス釣ったことはあったけど、狙ってシーバス釣ったのってホントに久しぶりだったので楽しかった!!

プラグで釣りたかったけど、それはまた次にでも……。
でも、シーバス釣ったので、これで心置きなくスルメイカ・エギングに行けそうです!

久々にシーバス狙い!

昨晩(というか今朝まで?)、バチ抜けシーズンで、賑わっているようなので、シーバス狙いに行ってきました。
テキトーに選んだフィールドにつくと、バチは確認できなかったけど、シーバスはバシャバシャと暴れている様子。
気合入って、ルアーをキャストしまくるがアタリなし。

でも、バチ抜けパターンって、実は初めてでよくわかってないので、リトリーブ・スピードとかを変えつつ、しつこくキャストしていると待望のアタリが!

…でも、フッキングに至らず……。

気を取り直して、その後もキャストを繰り返す。
しばらくして、またアタリ!

……やはり、のりません(涙)

3時間ほど続けましたが、結局この2バイトのみ。夜明けに近づくにつれ、シーバスで騒がしかった水面も静かになってきて、釣れる気もしなくなりました。
残念……。

メバル・ロッドを使ってみようかな、と思う状況でした。

久々にウキ釣り

昨年の秋に何度か体験して以来やっていなかった、ウキ釣りをやってきました。
場所は阪神間某所。時間は、昨夜~今朝に掛けての満潮前後の計4時間。エサはアオイソメ。
バチ抜けシーズンなので、爆発してくれれば……と、思ったのですが、あまかったです。

開始直後は、頻繁にタナを変えながら、アタリのあるタナを探す。
そして、1時間くらいかかってようやく、微妙な不自然なウキの動きにアワセてみると……。
あれ?重いけど、生命反応が無い……。
ゴミか海藻だろうとテキトーに寄せてきたら足元で、バシャバシャ!っと暴れてバレてしまいました(涙)
魚だったようです……。何だったんだろう。一瞬見えた魚体は25~30cm、色は白っぽい感じでした。セイゴか、キビレかな?

悔しいけど、気を取り直して再度仕掛けを投入。
また、微妙なウキの動き。しっかり見てないと見逃してしまいそうです。今度は18cmのメバルでした。

しばらくアタリが遠のいて、久しぶりのアタリ。底の根スレスレを流していたので、根に潜られてしまいました。しばらく、引いたり、ゆるめたり、揺さぶったりしても出てくる気配なし。
そこで、一瞬の間を置いて、油断させたところを(?)、思いっきり剥がすように一気に竿を持ち上げると出てきれくれました~。

ガシラ? と思ったけど、ちょっと違いますね。
クロソイかなぁ? よくわからないけど、まあ、そんな感じの魚でしょう(笑)

ukitsuri.jpg

3人家族なので、あと1匹欲しくて粘ったけど、結局この後は釣れませんでした。
もともと短時間の予定だったので、エサも無くなり、終了。

そこそこ良いサイズのクロソイ(かどうかわからないけど)が釣れたので、今度、この場所でルアーで専門に狙ってみようかな。

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。