スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の買い物(8/31) ルアー

さっき、仕事で某中古ショップの近くまで行ったので、時間つぶし兼ねて店に入ったのですが、しっかり買い物してしまいました(汗)

SBSH0226.jpg

マリブ78(中古)
スーサン(新品)
スーサン(中古)
サスケ120裂波(中古)
がまかつトレブルSP #8(新品)
EGワイドスナップ #1(新品)

マリブ78は良い結果出てなかったから、一度ロストしてからは買おうかどうか迷っていたのですが、めずらしく中古見つけたので買いました。ちょっとカラーが好みではないのですが…700円台だったし、意外とこういうのが釣れたりすることもあるので、賭けました(笑)

スーサンはまだ持ってるけど、1つロストしていたし、MACOさんのスーサン記事読んだときから他のカラーを補充予定でした。1つ中古を見つけましたが、このルアーは新品の値段も安いし、思い切ってもう1色!(でも、実はもう1色、ブルーブルーが欲しかったります)

サスケ120裂波はなかなか新品では買いにくい金額なのが、中古で程度により900円前後。珍しく選べるほどカラーがありましたので選り好みしてバイト!

今日はめずらしく、他にも欲しい中古ルアーが結構ありましたが、残念ながらお金が足りませんでした(涙)
絶対すぐ無くなるんだろうな~。
あと、レンジバイブの新色にも魅力的なカラーがあるんですけどね。


さぁ、明日から9月です。
この暑さ考えると、今年は秋が来ないかも…なんて気にもなりますが、秋はやったりますよ~!!
秋に釣れんかったら春のバチパターンしか釣るときないですからね(笑)
スポンサーサイト

ルアー整理と子供の夢

この週末は色々と用事があり、釣りには行けなかったので、ルアーを一度全部大きなボックスに入れ、これからの秋シーズン用の1軍入りルアーを選びなおしました。

l1.jpg

いろんな状況を想定しつつ、持ってるルアーの中から、各タイプのルアーを満遍なく実績や好みを中心に選んだだけなのですが、こういう準備をしているときもなぜか楽しいですよね(笑)

今までは家に置きっぱなしだった120cm以上のミノーもこれからは出番があるかもしれないので、ロングサイズミノーだけのボックスも1つ持ち歩くことにしました。



ところで、今朝起きると息子(小2)がしゃべり出しました。

息子 あのな、今日でっかい魚釣った夢見た。
FJ あ、もしかしてエイちゃうの…?
息子 違うで。これぐらいの魚(と言いながら手を広げる)。たぶんシーバス。
FJ (笑)

シーバスなんて子供の前で釣ったことないし、教えたこともないと思うので、突然の発言が面白くて笑ってしまいました。
夢の中で「たぶんシーバス」って、どんな魚だったか見てみたい!きっと息子が夢の中で作った架空の魚で、実際のシーバスとはかなり違うと思うので(笑)

せっかくなので、シーバスについて教えました。

FJ シーバスは大きさで名前が変わるんやで。
息子 え!そうなん!?
FJ 小さいのがセイゴ…(中略)、そしてこれぐらいのがスズキ
息子 …ほんで、もっと大きいのがシーバス?
FJ (笑)

僕は一体どんな魚を追い求めてるんでしょうか(笑)

夏休み恒例サビキ in 神戸

毎年行っているのですが、今年も義兄弟からサビキ行こうとの呼びかけで子供たちを連れて神戸へ行ってきました。

でも、出発は夜中。
どうせ行くなら、子供は車で寝かせたまま、朝まづめにタチウオを狙おう!ということになり、もちろん僕も賛成!

ところが、タチウオタイムは僕がカタクチイワシをワインドでヒットさせただけで終了……。
あぁ、楽しみにしていたタチポンが……

明るくなってきてからは、20gのメタルジグに変更。
青物やタチウオを狙っていたのですが、釣れるのは小さなカマスばかり……

sabiki1.jpg

スレで釣れるにしては多いし、ちゃんと口に掛かってることがほとんどなのですが、バイトしてきてるんでしょうか???
小さいので全部リリースしました。


太陽も顔を出してきたので、子供たちを起こしてサビキタイム!
結局、子供らも釣り場を目の前にして興奮してか、全く寝ていなかったようですが……。

sabiki4.jpg

開始早々、小アジと豆アジを連発。
やっぱり、小カマスも時々混ざりますが、全部リリースさせます。
なぜかワインドで掛かったカタクチイワシは全く釣れませんねぇ~。

大漁モード。息子にやらせているだけで、あっという間にこの量。

sabiki7.jpg

このままいくと、帰ってから大変な思いをしなければいけないのは僕……。
「エサ無くなるからもっとゆっくり釣りなさい」
と、テキトーなこと言ってペースを遅らせるものの、あんまり意味ないみたい。

僕はこれ以上アジを増やしたくないので、辛いですがジグを投げ続けています。

陽が高くなってくると、少量ながらサヨリの姿が目に入ってきたので、サヨリ用に仕掛けを変更して形のしっかりしたアミエビをつけて海面を引き釣り。
群れがなかなか見当たらず、1~3匹が時々泳いでいるだけという状況なので、そう簡単には釣れません。

sabiki5.jpg

がんばってなんとか3匹だけGET……
子供から「その釣りがやりたい」と言われるも、その後サヨリの姿がなくなりました。

サヨリの姿を探して海面を見つめていると、立派なナルトビエイが何度も僕に挨拶にきます。
そのたびに仕掛けを投入しようと企む息子に「あかん!!絶対あかんで!!」と阻止(笑)


そんなことをしているうちに昼前になって腹も減ってきたので、昼食タイム!
来る途中に買ってきた弁当を食べて、ちょっと昼寝でもしてくれれば……。

と思っていたのですが、サッと食ったら即気合い入れて海に向かっていきました

sabiki6.jpg

でも、流石に真昼間はなかなか厳しい様子。
それでも勝手に反応のあるタナを探しだして、単発ながら釣っていきます。恐ろしい執念……。

sabiki3.jpg

どうやら、子供達同士、競い合ってるようでした。誰かが釣ると、負けたくないんでしょう。
釣りをしている姿は真剣な戦闘モードです(笑)

sabiki8.jpg

14時ごろ、エサ切れ。

釣りをさせてもらった場所は物流倉庫横の海。平日なので当然仕事をされています。
荷物を片付けて、アミエビの汚れを海水で洗い流した後は、釣りをさせてもらったお礼に、来たときから釣り場に残されていたゴミも回収してきてみんなでキレイに。


来年、再来年だけじゃなく、子供達が大きくなったときにも、孫を連れてこの場所でまだ釣りが出来ますように……


帰ろうとしたとき、仕事中のトラックから運転手のおっちゃんが降りてきて釣り談義。
「ココの太刀魚はまだやで。仕事で来てるから毎日見てるけど今年はまだ誰も釣ってへん」
……先にその情報が欲しかった!(笑)


みんな釣りも清掃もがんばったので、ご褒美のアイスクリーム食べて車で帰宅!
子供3人、全員即夢の中でした……


ところで…、どうするんでしょうか、このアジ……。
とりあえずエラと内臓を一気にむしり取る豆アジ用の裏技で一気に処理。
晩の空揚げと、翌日の南蛮漬けで食べきれるぶんだけ残して、その他は嫁さんが子供の友人宅へ電話し、子供と一緒に配達に行ってくれてなんとか助かりました。
(あ、釣ったアジの集合写真忘れてた~)

僕はその間に空揚げの準備!

sabiki9.jpg

ふぅ、終わった。疲れた~~~!!


釣具メーカーさんへ心からのお願い。
あんまり釣れないサビキ仕掛けも販売してもらえませんか?(笑)

河川シーバス調査 DAY 21 - コラボ編

先日の昼間の調査に続いて、今度は深夜の調査です。
しかも、今日は強力な助っ人が一緒に調査してくれるので超楽しみです!!

なんと『オーシャントリッパーズ』のMACOさん、『鱸ICHIRO』のKATTYさんのお二人が我がホームリバーまでやってきてくれることになりました!!これは心強いです。

お仕事を終えられてから、ということで深夜からのスタートとなるため、最初は挨拶だけでも…と思っていましたが、僕は釣り場に行くのに手ぶらで行ける性格でもありませんので、「ちょっとだけ釣りを…」のつもりで、ロッド持って現地へ。
先に到着して、タックルの準備をしていると、MACOさん&KATTYさんのコンビが到着しました。

ブログ始めてから、今までたくさんの方とお会いしてきましたが、何度経験しても初めて会う瞬間はドキドキしますね(笑)
挨拶を済ませると、早速フィールドへと足を運びます。

…が、KATTYさんはいきなり道を外れ、一人暗闇の茂みの中へ…(笑)
以前、MACOさんがKATTYさんについての記事を書いていましたが、ホントあの記事のまま。行動力のある方でした(笑)

MACOさんと僕は、そのまま道を歩いて橋を挟むように、両サイドの明暗から釣りを開始。

上げ潮で、下流から上流の方向へ流れています。
僕はまずp-ce100。ユラユラとルアーを通していると、イナッコが大量にいることがわかります。よく水面を見るとかなりの数が確認できました。

ルアーチェンジを何度か繰り返し、一時休憩。MACOさんと談笑タイム。
KATTYさんは持ち前の行動力を活かし、遥か遠くへ向かわれました。

再開後は、場所を入れ替わってp-ce100を橋脚からやや話してキャストして、橋脚方向に流しながらユラユラとトレースしていると コン! と、この日初めて「らしい」アタリが。
その後、上げの流れが止まり、流れの向きが逆方向に。とは言っても、下げの時間はまだまだ先のはずなので、河川本来の緩やかな流れのみです。

ダウンクロスでキャストをしていると、ガッ! ジリジリジリ…… っとドラグ音が鳴るも、バイトしてきたのはゴミ(笑)

雰囲気もイマイチなので、2度目の談笑タイムを挟んで、バイブレーションで手早くボトム周辺のサーチ。
このときに、ゴゴゴッ! っと、重みが乗るもすぐに軽くなりました。
こういうアタリは、シーバスだったこともあればコイだったこともあるので、なんとも言えません(笑)

結局、3人とも魚を釣ることは出来ませんでしたが、楽しい時間を過ごせました。

MACOさんかKATTYさん、どちらかがシーバスを釣ってくれると僕も気合い入りまくりで日々釣行できる!という希望と、もしそうなったら自分の未熟さも思い知らされるという恐怖にもドキドキでした(笑)

今回はタイミングも悪く結果が出ませんでしたけど、きっとこのお二人なら攻略のキモとかを見つけて、結果を出してくれそうです!
また引き続き調査継続しておきますので、これに懲りず、また来てくださいね!!


帰り際、新聞配達の方に数人会いました。もう朝ですね(笑)
とりあえず、帰宅するとシャワー浴びて、エアコンで体を冷やしつつ、冷蔵庫にあった「麦とホップ」で喉を潤しつつ、前日に古本市場で買った『BAKUMAN』という漫画読んでたら朝6時になりました。

100823b.jpg

やっぱ、ちゃんとしたビール飲みて~。

河川シーバス調査 DAY 20

久しぶりの釣りってことで、深夜~早朝に出ようと思っていたのですが、寝るのが早朝になってしまい断念。
かわりに昼を過ぎて夕方までの間、河川調査に行ってきました。

河川調査といっても今回はまず一気に10kmくらい自転車で走りまして……、そこから自宅周辺まで戻ってきました。
クソ暑い真昼間に釣りをする集中力はないので、実釣はほどほどに、足で回ってポイント探し。
夜は街灯がなく、不気味な場所が多いので、昼間に一度やっておきたかったんです。

しかし、予想以上に暑すぎます(笑)

結局、橋のシェードに入るとそこから出られなくなり、ダラダラと釣りを(笑)

r1.jpg

16時超えたあたりから、陽射しも弱まったので、再び調査再開!
目で判断できる流れのヨレと潮目だけをスピーディに撃っていきつつ、どんどん移動します。

r2.jpg

バイブレーションでブレイクをなめるようにトレースした(つもりの)際に、単発ながら計3回のバイトあり。
しかし、それだけで終わりました。

r3.jpg

それにしても草ボーボーでした(笑)

良さそうな場所はいくつかありましたが、はたしてこの道のりを再度行く気になるかどうかが問題です。
どこも車では行けないですし……。

あ~、しんど。
やっぱ灼熱のデイゲームはキツイっす。

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。