ナイトウェーディングで新規開拓

ここ最近、ガイドさんのおかげでデイゲームでのウェーディングを楽しんでいましたが、今回はナイト・ウェーディングをしようとガイドさんと計画していました。

しかし、そのガイドさんは超売れっ子のため、今日は既にデイ・ウェーディングと、イブニング・ウェーディングのガイドをされた後だそうで……。
さすがの僕もガイドさんの体を心配して「今日はやめときますか?」とメールを送りました。

すると即着信

MACO「おまえ何考えとんねん! ワシの体力は全然大丈夫や! なんや、みんなちょっと連続で毎日釣り行ったぐらいで絶倫ヅラしとるけど1日数時間やろ? ホンマの絶倫とはワシのことを言うんや!」
FJ「すいません……」
MACO「スタートは0時! ○○で待っとるからすぐ用意して来いや」
FJ「は、はい……」

慌ててタックルを用意して指定された場所へ向かいました。

MACO「おう、来たか。ようこそMACOガイドサービスへ! よっしゃ、早速はじめるで!」
FJ「ガイドさん、ココはどうやって攻略したらいいんですか?」
MACO「知らん。ワシもはじめてや」
FJ「ええっ!? ガイド料金取ってそりゃないですよ……」

とりあえず入水し、へそ下ぐらいの水深まで歩いて並んで釣りを開始。





ドン!

seabass1_20110622053417.jpg

seabass2_20110622053417.jpg

FJ「つっ、釣れました!63cmです!」
MACO「おいFJ、ルアーは何使っとるんや!? レンジは上のほうか!? スローか!? 釣った場所はどこや!!」
FJ「ガ、ガイドさん……」
MACO「おまえ、いっつもワシに釣らしてもろとるやろ! たまにはワシにも教えろや!」

直後、僕はあまりの恐怖にキャストを失敗してライントラブル発生。
修復していたら……

MACO「あ~っ、クソっ!! ワシもや! おまえのがうつったわ、ボケェ!」

一足先に修復が完了した僕が先に釣りを再開。




ドン!

seabass3_20110622053417.jpg

FJ「釣れました! 小さいです! 35cmです」



ドン!

seabass4_20110622053416.jpg

FJ「また釣れました! 58cmです」

MACO「おい! おまえ、空気読めや!! 人が必死にノット組んでんのに……」
FJ「す、すいません……」
MACO「おいFJ! おまえ潜ってシーバスつかまえてワシのルアーに掛けてこい!」
FJ「そ、そんなぁ……」
MACO「もうお前は釣らんでええ! こっからは全部ワシが釣る!」



ここからガイドさんの快進撃がはじまります……。
詳しくはコチラを参照ください



それ以降、僕には全く釣れなくなりました

MACO「楽しいのぅ~! なあ、FJ!」



MACO「よっしゃ、もう満足や。おまえにも釣らしたるわ」

ドン!

kibire1_20110622053416.jpg





わ~、MACOさん、ごめんなさい
あまりにも楽しい釣行だったんで、楽しいブログ書こうと思って書き始めたらどんどんエスカレートしていって止まらなくなってしまいました
みなさん、わかってると思いますが、この物語はフィクションです(笑)

真面目な話、僕は同じパターンで釣れてる間は連発したのに、パターンが変わると全く釣ることが出来なくなりました。
MACOさんは、変わったパターンに臨機応変に対応して釣っていきました。
やっぱり師匠は凄い!
この辺が売れっ子ガイドになるポイントですね~。

でも、それにしても一時の爆発力は凄かったですね。
時合の真っ最中に、ふたり同時にライントラブル……。あれは痛かった。
あれなかったら、絶対もっと出せてると思います。

でも、調査成功ですね!
いつまで続くかわかりませんが、今後に期待!
ぜひまた一緒に調査継続しましょう!!
ありがとうございました!ゆっくり寝てください(笑)



TACKLE DATA
ロッド:エバーグリーン ポセイドン ゼファー PZS-88 ストリームマスター
リール:ダイワ 10セルテート 2500R
ライン:PE0.8号 + フロロ12lb

単独でデイ・ウェーディング

今回は凄腕ガイドさんナシ、単独でウェーディングしてきました。

予定では1時間以内に1本上げるはずだったんですが……。
今日は全くアタリがありません。

やっぱり、ガイドさんにガイド料金払うと、事前放流してくれているのかもしれませんね。
ケチって一人で来ると魚いません。
なんとかガイドさんに連絡をとり、「今すぐ放流してください」とお願いするも「今日は市場休みだから無理」と断られてしまいました(実話)

海に浸かってキャストを繰り返していると、はるばるしんぱくさん親子が様子を見に来てくれました。

しんぱくさん……、
「もうすぐエイが見れるよ」と、お子さんに話してたのはどういうことですか!?(笑)


ならば、がんばらねば……というわけで、期待を背中で受けながらキャストを再開。

そして……

一瞬、本当にエイ釣ってしまったかと思いましたがキビレの40cmオーバー。

kibire1_20110619192744.jpg

なんとかお子さんに魚を見せることができました。
絶倫アングラーのお子様とは思えないほど魚を怖がってましたが……(笑)



その後は全くアタリもなく、時間だけが過ぎていきます。
ケータイで野球の速報だけチェックしながら、キャストを繰り返すのみ。

あまりにも釣れる気がしなくなり、別の場所を調査に行って終了しようと思って行ってみましたが、行った先の岸にシーバスアングラーがおり、さすがに海の中を歩いて近寄るわけにもいかなかったので、もとの位置へ逆戻り。


潮位的にはMACOさんが「BEST」といういい感じのタイミングになってきました。
沖の潮目に向けてフルキャスト&速巻きを繰り返すこと数投……

ドン!

seabass1_20110619192743.jpg

seabass2_20110619192743.jpg

ようやく釣れました
サイズは45cmですが、4時間キャストした後だったんで嬉しさは最高でした!


その後、リリースした直後のキャストで

kibire2_20110619192743.jpg

小型のキビレちゃんが釣れた後……


ガツッ……
ジジジジジィィィィィィ~~~ッ!!


ギャーっ


なんとか頑張ってランディングしようと粘ってファイトしたのですが……、最後の最後、足もとでラインが切れ、またもルアーを持って行かれてしまいました

ナルトビエイ、恐るべし……。
ウェーディングすると出会う確率はほぼ100%な気が……。

このファイトで持ち時間を使いきり、タイムリミットとなってしまったし、体力も残ってないので、終了としました。


ガイドさん、次回はシーバス3本ほど釣りたいので、たくさん放流お願いします(笑)



追記……

1匹、釣った魚の写真忘れていました。

haze.jpg

ハゼ?



TACKLE DATA
ロッド:エバーグリーン ポセイドン ゼファー PZS-88 ストリームマスター
リール:ダイワ 10セルテート 2500R
ライン:PE0.8号 + フロロ16lb

神戸スルメイカ

そういえば、今年のイカパターンのシーバスはどうなんでしょう。
全く情報聞かないような?

というわけで、神戸へ行ってきました!!

uki.jpg

暗闇にキレイに輝く小さな光……。
そう、電気ウキです。

そして、フィールドに着く前にマッ○スで買ったキビナゴ。

kibinago_20110618124152.jpg

はい! スルメイカ釣りにやってきました!!
イカ食ってるシーバスよりも、シーバスに食われるイカのほうが美味いじゃないですか(笑)


21:00頃

今回のメンバーは、先月から今回の釣行を一緒に企んでいたとと坊主さんと、デカバス釣り過ぎうさぎさん親子、そしてとと坊主さんのエギングのお師匠さん、お仕事関係のお知り合い。

先着されてた、とと坊主さんとエギング師匠の師弟コンビに状況を聞きますが激渋のようです……。

その後の流れは「本日のハイライト」的に早送りで(笑)


うさぎさん親子、到着
とと坊主さんのお知り合い、到着
うさぎさんJr、車にて就寝
エギング師匠、場所移動
エギング師匠、戻る

エギング師匠、再度場所移動のため車に乗り込む
とと坊主さんのお知り合い、待望の1杯キャッチ
エギング師匠、場所移動できず足止め(笑)

エギング師匠、やっぱり場所移動
ムーチョさんと電話




02:40頃

とと坊主さん「ウキ入ってる!!」

あまりの渋さにウキを全く見ていなかった僕は慌ててロッドを立てると小型ながら待望のスルメイカ!

surume1_20110618124152.jpg

5時間40分で仕留めた1杯……(笑)



03:30頃

突如降り始めた雨の中、今度は自分でウキを見ていて気持ちよくキャッチ!!

surume2.jpg

サイズアップしました!
ウキが入る瞬間の気持ち良さはいいですね~。ドキドキします。

ここから、プチ時合というんでしょうか。
2杯追加できました。



04:50頃

「本日の釣果」を並べて記念撮影。

surume3.jpg



うさぎさんJr、起床(笑)
関係ないけどナルトビエイのスクール発見



っと、いう感じの辛くも楽しい釣行でした!
正直、好調っぽかったスルメイカ釣りでこんな苦労するとは思ってませんでした(笑)

もう終盤でしょうが、スルメイカのサイズも大きくなってきているので、釣れる数が少なくても充分楽しめますよ!
そして、こんなイカについてるシーバスは相当デカイでしょうね!!


ご一緒したみなさん、朝までお疲れ様でした!!
昼、起きたら家に誰も居なかったFJでした……

MACOガイドウェーディング

今日は遂に念願の「シーバス絶対釣らせます」でお馴染みのウェーディングガイドサービスに予約することが出来たので出陣してきました!
平日の大潮干潮時だけしか営業していないので、なかなかチャンスがありませんからね!

朝起きると、まずはマッ○スへ向かい、デイゲームを意識したバイブレーションを補充。

IMG_4594.jpg


そして、現地にてガイドさんと合流し、入水しガイドエリアまでしばらく後ろを着いていきます。

MACOさん「到着です。早速ですがポイントを説明します。シーバスを釣りたいならこのライン。キビレを釣りたいならこっちです」
FJ「了解しました!」


というわけで、まずはさっき購入したばかりのビバーチェ・バンビーナでキャスト開始!
そして答えは数投後!


ググッ!!



根掛かりロスト



購入後、約30分ほどの命でした



気を取り直して、以前買い溜めしていたガルファーバイブで再開。

ドン!

IMG_4599.jpg

やったぁ~~! シーバスや!

IMG_4598.jpg

ボウズ地獄脱出の1本。54cmでした。
開始早々に釣れて一気に気持ちが楽になりました



さあ、続くぞ!

プルッ!

IMG_4601.jpg

ヒイラギでした……(ですよね?)



事件が起こったのはこの後。


ドン!

あ……

やってもた~
遂に今年もアイツを……。

「でも、小さいから普通にやりとりできますわ~」と言いながら余裕で足元近くまで寄せてきてから級に強烈パワーで引っ張られ、一気にライン放出。
さっきのヒットルアーを持って行かれてしまいました






リーダーを結び直し、今度はさっき教えてもらったキビレエリアへキャスト!

ドン!

IMG_4603.jpg

ガイドさん、素晴らしすぎます(笑)
完全に魚の着き場、回遊ルートを把握しています。



そして、しばらく沈黙が続きましたが

MACOさん「そろそろです」



ドン!

IMG_4610.jpg

やった~! 2本目

IMG_4611.jpg

45cm。サイズは落ちたけど、めっちゃ嬉しい!
FJカラーのサルベージ70Sでした。



その後ももう1本ヒットしましたが、足もとまで寄せてきて、ウェーディングネットを取ろうかという瞬間にばらしてしまいました……。


MACOさんからは常にあとボラで五目達成と言われ続けるも、なんとかボラをかわして釣りしてたんですが……
最後の最後に掛けてしまいました(笑)
でも、外れましたけどね。


というわけで、あとちょっとで五目達成だったんですが、ナルトビエイとボラはキャッチできなかったので、三目でした。まぁ、どっちもいりませんが(笑)



それにしてもMACOガイドウェーディング、最強です!!
絶対釣らせてもらえます。


いやー、ホントに楽しいウェーディングゲームを満喫することができました。
MACOさん、的確すぎるガイドありがとうございました!!

それに初めての場所でウェーディングすると、なんとなく冒険気分でわくわくするのが好きです(笑)
でも夜はやっぱり怖いかな。


とにかく今日はぐっすり眠れそうです



TACKLE DATA
ロッド:エバーグリーン ポセイドン ゼファー PZS-88 ストリームマスター
リール:ダイワ 10セルテート 2500R
ライン:PE0.8号 + フロロ16lb

久々にホームの河川へ

ちょっと釣りのリズムが狂ってきた感があるので、リハビリと様子見を兼ねてホームの河川へ出かけてきました


某明暗ポイント

潮止まりで流れナシの非常に厳しいタイミングだということは事前にわかっていましたが、見事に厳しさ満点
10分で見切って次のポイントへ移動。



神々しいポイント

当たり前といえば当たり前ですが、こちらも同様、水が動いていません。
久しぶりに会いたかったのですが、神もお留守のようです
DVDのこと、まだ怒ってんのかな。
神DVDのことはココココココを順番に参照してください)


……というわけで、出陣してトータル約30分で自宅へ戻り、タックル置いて再出陣


某コンビニ

缶ビール2本ゲット。


自宅に帰って、風呂入った後、ビール飲みながら録画していたSeabass Journey」見て寝ました。


深夜の河川は雰囲気ないですね……。
昼間の潮の動きが夜にもあってくれたら攻め様があると思うんですが、あの状況では僕には無理。

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク