スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリンシューズ

Amazonギフト券の残高が微妙に残ってたので、なんか買えるものないかなーと探しているとマリンシューズをみつけたので買ってみました。ビミョーに予算オーバーして数十円をカード払いしましたけど(笑)

4_20130629225340.jpg

ウェーディングまではしないけど足だけ浸かりたい時とか、ゴムボートの時に使えるかな、と思って。

クロックス系のサンダルは、穴がたくさん空いてるから砂が入って気になるし、日焼け跡が水玉模様になるのがイヤ!

実際、もう既に足の甲が水玉模様ですからね……(笑)

これ以上は阻止しなければ……と思って代わりの靴を探していました。


スポンサーサイト

魚探の電源コード改良

簡易だとは思いますが、防水タイプのDCプラグ・ジャックを発見したので買ってみました。

1_20130629131440.jpg

以前、魚探の電源を乾電池からとるようにした時は、下の写真のように直結させていたので、このようなコネクタを探していたんです。

1_20130611231519.jpg

Lowrance Mark-5Xの電源コードは、振動子コードと一体になっていて、エレキに振動子を取り付けてしまうと、電源コードと直結させていた電池ケースまで一緒についてきてしまい、持ち運びがかなり不満でした。

2_20130629131442.jpg

これで持ち運びやすくなりました。
接続も簡単だし、防水仕様で安心感もあります(ヒューズボックスが防水ではないのですが……)。

あとは電池を入れてるケースをなんとかしたいなあ(配線をまたやり直さないといけなくなるけど)。

ゴムボ試運転 海編

ゴムボを初めて海で走らせてきました。

ホントは昨日の予定で現地まで行っていたのですが天気予報より早くそして強い雨のため中止……。今日の午後からリベンジしてきました。

1_20130616230133.jpg

ハンドエレキ釣行だと準備物が少ないので、ちょっと楽です。でも、海は貝殻やフジツボなんかに気をつけないといけませんね。
今回のロッドは、ボートからなので6'6"のベイトタックルにしました。ルアーはバイブレーションオンリー。


3_20130616230136.jpg

魚探もセットしましたよ。動作確認OK。最初は初期設定のまま見てたけど、使いやすいようにセッティングを色々試してみたので、次回からもうちょっとちゃんと見れそうです。


2_20130616230134.jpg

ちょっと気になる反応のところにキャストしてルアーを通したりしてるんですが、船長の見切りが早くてドンドン移動してしまったり180度ターンしてしまうのであまり釣りになりませんでした(笑)

やはり海は湖と違って波があるぶん揺れが大きくなりますね。僕はいつもとの違いに若干戸惑いましたが、逆に息子は楽しかったようで、すぐに全開走行したがるのでかなり波をかぶってしまいました(汗)


かなり短いですが、エレキの動画を撮ってきたのでYouTubeにアップしときます。



40ポンドなので、当たり前ですが、30ポンドのフットエレキより速いです。個人的にはこれ以上早くなるとちょっと怖いかもしれません。たぶん慣れるんでしょうが。
自作のモーターマウントも壊れることなく持ちこたえてくれました(笑)

海で使ってみて、必要なものがまたはっきりしました。
アンカーとシートクッション。それと、ボート内にたまった海水の排出方法を考えないとダメかも。

船用电动推进器を買いました

ようやく買いましたよ、船用电动推进器!(笑)

1_20130612111048.jpg

新品未開封。日本で代理店(?)をしていたプラスゲインのステッカーが貼ってありました。倒産後、業者に流れ格安販売されているんでしょう。これも相当安かったですから……。


2_20130612111049.jpg

マニュアルは中国語+英語。英語がこんなに親しみやすく思えたのは初めてです(笑)


3_20130612111051.jpg

セッティング完了!


4_20130612111052.jpg

バッテリーに繋ぐとヘッド部分が光ります。バッテリー残量がわかるようになってるのは有難い。ちなみに5段階変速の40lbsのハンドエレキです。モーターもちゃんと回転しました。動作確認OK!!

中国製品買って、ペラが割れたら交換パーツどうするんだとか考えちゃいけません。割れないように使うのみ。ハンドエレキでドシャローに入っていくこともないと思うので大丈夫でしょ、きっと。


5_20130612111054.jpg

最後にマニュアルをもう一度。

Remove sundries from the propeller and wash off the motor, especially after the saltwater use.


海水使用の後は特にちゃんとペラなどをを外して洗えって書いてますね(たぶん)。海水OKってことでいいんでしょうか。最近売ってる白いバージョンは海水可ってことをよく見るけど、黒いバージョンはよくわからなかったんですが、違いは別にないみたいですね。

というわけで、これでようやく海にも出れます!!
すぐに壊れないことを祈るのみ。

もうこれでゴムボート関連で確保していたお金は使い切り、残り2,000円になりました。脚立用のクッション欲しいけど、それすらもう買えません……。

Lowrance Mark-5x を乾電池で使う

というわけで、買ったばかりの Lowrance Mark-5x ですが、乾電池で動かすために簡易防滴電池ケースを作りました。

てゆーか、作ったとは言わないか。
100均で買ってきたちょうど良さそうな大きさの容器。そこに単3乾電池8本のケースを入れただけ。

1_20130611231519.jpg

念のため、魚探の保護のため3Aのヒューズも接続し、ケースの中に収めることにしました。魚探の電源コードは直接このケース内のリード線と接続しています。いつか必要な日が来るだろうと思って5年以上前に100均で買っていたハンダゴテが役に立ちました(笑)。そのうち、ちゃんとしたケースを用意したらクリップか端子かで接続するようにしようかと思ってます。


2_20130611231521.jpg

蓋をすると防滴ケースの出来上がり。完全密閉ではないけど、水に落とさない限り問題ないでしょう。もし壊れて作り直すとしてもトータル数百円のものですし。

はっきり言って軽いです。重い専用バッテリーや、エレキとの電源併用でノイズに悩まされてる方にはオススメです。結線するだけですから。


そして……

3_20130611231521.jpg

自作しようかと思っていた振動子ガード、今はなきプラスゲインのものが作るより安い値段で格安販売されていたので、買っておきました。抵抗が大きく、ハイパワーエレキでは危険な場合もあるらしいですが、うちのはローパワーエレキなので試してみます。


4_20130611231523.jpg

パーカークランプも100均で売ってました。これ単体を専用パーツとして800円くらいで売ってるメーカーもあったような気がしますが(汗)、普通にホームセンターにも売ってますので、念のため。

これで用意完了です。あとは使う直前に振動子をエレキに取り付ければOK。
魚探の固定位置は一度使ってから決めます。

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。