スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキのメンテナンス

久々の雨ですねぇ~。
特にやることがなかったので、午前中、フットエレキのメンテナンスをしました。

というのも、最後に使った際、ペダルを踏んだ時の回転範囲が狭まっていたのが気になっていたから。後ろ方向に向かないんです。

機械的な仕組みがよくわかってないし、検索しても詳しい解説は見つからず……。
しかもコレ、20年以上前の機種なので、動く骨董品的レベルかも(汗)。

ereki.jpg

ってわけで、ヘッド部分を空けてペダル踏んだりして動きを確認したら、ワイヤーを固定しているところがズレているのを発見。単純な原因でした。

調整して無事解決しました。
ホッ。

来年には買い替えるつもりで買ったエレキなので、せめて今年あと何回か壊れずに動いてくれれば……。
スポンサーサイト

ジギング? アジング? サビキ?

タックル数セット用意して帰省してたんですが、今回は釣りに行きませんでした。
いくらなんでも暑すぎますわー。

というわけで、戻ってきてから釣りに行ってきました!

1_201308151946589cf.jpg

この写真で始まる記事恒例のアレです。

2_201308151946592f8.jpg

そう、サビキ(笑)



釣れすぎるのが怖くて、いつも息子だけに任せて僕は他のことして遊んでるんですが、今回はIPでも投げまくろうと思ってシーバスタックルだけを持っていきました。

ところが、餌買いに行った某店でこれを見つけてしまったので、これすることに変更。

3_2013081519470178e.jpg

ハヤブサ 堤防ジギングサビキ 20g M。これが意外と面白い。
サビキのサイズも、息子が使ってる5号のサビキと比べると大きめなので、小さなアジでは掛からないことも多いみたい。

コマセもないので釣れすぎることなく適度な数に調節しながらアジ釣りができますし、息子が岸際で釣ってるアジよりアベレージサイズが少しだけ上がる気がします。

4_201308151947023ca.jpg


アタリの出るパターンは2つ。

(1)遠投して着底。ラインを張ってそのままステイ
(2)遠投して着底。早巻き回収


1の場合は、ジグをシンカーにしたドロップショットリグみたいなイメージでアタリを待ちます。
2はバイブレーション巻いてくるのと一緒ですね。

小アジでも、どちらの場合でも明確なアタリが出ます。


高速リトリーブしてても2連とかあります。ちっちゃくてもさすが青物です。

5_20130815194704e8b.jpg


ちなみに今回釣れた魚種はアジ、イワシ、サバの3種。
僕は子供の相手もしてたので20尾くらいしか釣ってないはずなんですが、クーラーボックスの中のアジは145匹でした(涙)

でも、こういう時のジギングサビキ、意外とアリかもしれませんよ。
もしかしたらジグにボーナスがヒットすることもあるかもしれませんしね!



TACKLE DATA
【FJ】
ロッド:エバーグリーン ポセイドン ゼファー PZS-94 ストリームファイター
リール:ダイワ 10セルテート 2500R
PEライン:デュエル HARDCORE X4 1.0号
リーダー:ヤマトヨテグス ファメル フロロショックリーダー 16LB
仕掛け:ハヤブサ 堤防ジギングサビキ 20g M


【息子】
ロッド:ダイワ ネオバーサル 832MLFS
リール:シマノ 03アルテグラ C3000
PEライン:シマノ パワープロ 1.0号(100m)
仕掛け:ささめ針 サビキッズ ピンクベイト

海でゴムボ遊び

しばらくゴムボに乗ってなかったので、竿は持たずに西宮周辺で遊んできました。

1_201308032222098cf.jpg

離岸後、しばらく進むとサーフに乗り捨ててあるゴムボートを発見!

2_20130803222210245.jpg

うちのゴムボートより良さそうだったので、こっそり乗り換えようと思ったのですが、持ち主が現れました。残念!(笑)


今日はゴムボでどこまで行けるかチャレンジしてみようと思ってきました。

3_20130803222211ff3.jpg

まずはココの橋の下を抜けて……

4_2013080322221317e.jpg

全開なのにゆっくりと奥へ進んでいきます。

5_20130803222347604.jpg

やっと大きな橋が見えてきましたが、このへんから結構海が荒れてます。

6_20130803222241daa.jpg

どうしようかな~。

7_20130803222243b3b.jpg

一瞬迷いましたが、身の危険を感じるほどではなかったので、橋を下を通って沖へ目指して進みます。

ケーソンが目の前に広がってきたあたりで、これ以上無理だと判断。
しかも、ちょうど沖から帰ってきた人が、かなり荒れてると教えてくれたので、即Uターン。

8_20130803222244681.jpg

ちょうど沖からの風だったので、帰りのほうが楽でした。

9_20130803222246e46.jpg

竿もないので、ゆっくりクルーズするだけですが、これはこれで楽しいです。
時々発射されるボラミサイルだけが恐怖ですけど。

10_20130803222247240.jpg

帰り間際、エレキのパワーが1段落ちてきた気がしました。
バッテリー残量も40%ということだし、片付けやなんかもあるので、これで終了。

11_201308032223075fa.jpg

ちょい沖でも意外となかなか行けないもんですね。
ダム湖とはやっぱり違います。
ちょっとづつ慣れながら安全に遊べる限界を体感していかないと。

たっくんさん、お疲れ様でした。
もうちょっと良い季節になったら魚探も持って行くので、釣りしましょう!!

プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。