スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較検証 エギ王Q vs ダイソー100円エギ

先日も買ってしまったダイソーの100円エギ。見ためはエギ王Qにソックリなんですよね。
……というわけで比べてみました。個体差もあるかもしれなので、参考程度に見てください。

ちなみに共に3.0号のエギを使用しました。

まず、2つ並べて横面を見てみましょう。
左がエギ王Q、右がダイソーエギで、これ以降の写真はすべてこの並びになっています。

egi-side.jpg

形状はやはりソックリですね。アイ(目)は違うようです。確かエギ王Qの目は水中で光るとか、そういう特徴があったような気がしますので、この違いは水中でイカに対してのアピールの違いとしては大きいのかもしれません。
あと、カンナの違いと、シンカー部分の作りも若干雑かもしれません。

egi-frontrear.jpg

上から見ても、下から見てもソックリです。

では、重量はどうでしょう。

egi-weight.jpg

エギ王Qが15gに対して、ダイソーエギは16g。1g単位でしか計れないので、細かな誤差はわかりませんし、もしかしたら固体差による微妙な誤差という可能性もないとは言えませんね。

では、ここからは肝心の水中姿勢です。

egi-st-side.jpg

見た目のそっくりさと違い、水中姿勢に違いが出てきました。
エギ王Qが、しっかりお尻を上につきあげた形であるのに対し、ダイソーエギはやや微妙です。
もしかすると、カンナの重量差が影響しているのでしょうか。

egi-st-frontrear.jpg

前、そして後ろからみると、その差がよくわかりますね。

egi-st-top.jpg

そして、上から見ると、この姿勢の差が、長さの違いとして表れています。

そして、写真を撮影していたからこそわかった重要な違い。

egi-etc.jpg

この写真のように、エギ王Qは、頭とシンカーで底でしっかりと静止しているのに対し、ダイソーエギは頭が浮いているために、静止しません。時間がたつと左右どちらかに回って動いてしまうので撮影に苦労しました。
ということは、海底でポーズさせてもポーズしていない、ということになりますね。

また、深い水槽がないので、フォーリング速度や姿勢を調べることができませんでしたが、きっと違うでしょうね。
でも、逆にいえば、チューニングポイントも明確になったかも(笑)



トラックバック

コメント

No title
研究熱心ですね。
私が前住んでた家の近くにヒラ〇がありまして、そこには68円のエギが売ってました。
カラーの種類は少なかったですけどね。
そこにはプロックスが出してるエギング専用PEライン(08)が1200円で売っててよく買いましたわ~。
  • 2009/09/03 17:35
  • バッカス
バッカスさん
こんにちは!
あまりにソックリなんで気になりまして。
68円のエギって凄いですね~。ロストを恐れることなく攻めていけそうです。
PROXのPE、安いですよね~。シーバス専用とエギング専用、中身は違うんでしょうか。前から気になっています。
No title
シーバスPEとエギングPE、あんまり内容変わらない気がします・・・。
今私はシーバスPE25lbをメインにメバル、イカはプロックスの08号使ってます。
  • 2009/09/03 19:12
  • バッカス
バッカスさん
やっぱり、あまり変わりませんか。
僕はPROXのは使ったことがないのですが、シーバスはPE1.0号、エギング+チヌ+タチウオに0.8号、メバルに0.4号、青物に1.5号を使っています。
怖いので、細いメバルのだけは普通の値段のラインで、後はその時売ってる再安値のもの(笑)
メバルのジグヘッド用は、前にも書いたようにダイソー0.8号ナイロンですが(笑)
  • 2009/09/03 19:29
  • FishingJunkie
No title
こんばんは

おお、今回の記事は何か学術的匂いの
する記事ですね。非常に面白いです
特に水中での静止姿勢の比較は参考に
なりますね

おそらく安定して水中に静止できるというのが
釣れるエギの条件の一つなのかも知れません
釣りキチ万博さん
こんばんは!
ありがとうございます!!
撮影してなかったら姿勢以外気がつかなかったかもしれません。
たぶん、静止って重要な要素なんでしょうね。
これで、釣果比較も出来たらいいのですが、あいにく僕はイカが釣れないもので…(涙)
  • 2009/09/03 19:35
  • FishingJunkie
No title
ようできてますねぇ。ダイソーのエギ。
カラーは雑ですが「ピタッ」と止まりすぎるのは水中では逆に不自然やと思いますのでこれくらいゆるい方がええかもしれません。
しかし重さといい削り方といいよくできていますねぇ。
ただこのままですと角度的にステイしたあとにシャクったら根がかりしそうな気もします。

確かにチューンする箇所は明確な気もしますね!
ムーチョさん
こんにちは。
なるほど、不自然ですか。
他のメジャーなエギの着底姿勢も確認してみる価値はあるかもしれませんね。
あまりエギ持ってないのですが、今度またやってみます。
  • 2009/09/04 08:50
  • FishingJunkie
No title
面白い実験、拝読させていただきました!
やはり若干ですが値段に差が出るのですね。
でも海水は常に動いていますのでピタっとステイすることはないのでダイソーエギでもまったく問題ないかもしれませんね。
あとは自己満足の世界でしょう。
gashirahunterさん
こんにちは!
ええ、海底で静止状態はないでしょうが、止水状態で回転するということは、海底だったらもっと……と思っていました。
水流のない水槽で回転していくということは、海でのフォール姿勢も絶対安定していないとも思うんです。
ただ、逆にそれが釣れる要素ということも考えられるので、イカにとってどちらがいいかはわかりませんけど(笑)
でも、コピー元が明確なので、そのコピー元との違い、ということの検証までしか僕は出来ないので、誰かこのエギで釣ってほしいです!!
  • 2009/09/06 11:08
  • FishingJunkie

コメントを残す


プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。