スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な大事なフックのお話

本当に大事な大事なフックの話です。
今からさかのぼること………あれ? 何年前だろ。自分の歳、本気で忘れました(笑) 後で計算してみよう
まぁ、とにかく小学生の頃に体験して驚いたのですが、釣り糸と釣りバリさえあれば魚は釣れるんです。
釣りで一番大事なのはやっぱりフックとラインです。


まずはシーバスやバス等、通常のプラグ用フック。

hook1.jpg

最近雑誌や店頭でお馴染みのこのフック、本当に刺さりが抜群です。
手、硬めの素材のバッグ、服にも簡単に貫通して泣きそうなくらい貫通性能がヤバイです(笑)。差が歴然!

しかも、通常のフックよりも耐久性が高いのが素晴らしいです。
通常、魚を掛けなくても、ルアーのボディやボトムの砂に当たるだけでも結構簡単に甘くなるので、すぐにフックシャープナーのお世話になったり、短いサイクルで新品に交換したり…。
また、フックシャープナーで研ぐと、すぐに錆びてしまうので、一時的な効果しかありませんからね。

シーバスにMH、バスにMがいいかと思います。
バチパターンのシーバスにMを試すとフッキング率は上がりました。でも、強度面では心配な面もありました。どちらをとるか…ですね。

あと…、お値段が少々高いですけど、せっかく釣りするならちょっとだけ高くても掛けることを優先してもいいんじゃないでしょうか。耐久性を考えると、交換頻度が少なくなる分、逆に安いかもしれません。

心配なのは・・・刺さりが良すぎるための根掛かりでしょうか。
根掛かりロスト率が上がったり、ボラやコイに刺さりまくっても苦情は受け付けませんので予めご了承ください(笑)


それから、昨年の終盤から使っているのですが、タチウオのワインド用のアシストフック。

hook2.jpg

一昨年までは、スピナーベイト用のアシストフックを使っていましたが、これを発見してからはこれで決まりです。
ワインド専用設計のダブルフックのアシストフック。
トレブルフックの2本(1本はワームに刺さってる)と、アシストの2本の計4本のハリとなることで、フッキング率が向上しますし、シングルのアシストフックより安定して固定され、バランスもいいような気がします。

今年のタチウオシーズン、上のプラグ用のフックとセットで使うとどうなるのか楽しみです!


どちらも、がまかつのフックです!
ちなみに、僕はがまかつの関係者でもなければ、知り合いにがまかつ社員もいませんので!念のため!(笑)
良いモノは良い!それだけです。道具に頼れるところはとことん頼りましょう!

トラックバック

コメント

これですこれ。私もシーバス用にMHを愛用しています。
バレ易いバイブレーションやスピナーなどに使うと、間違いなくバラしは減ります。ただ、難点は指によくフックが刺さること・・、カルティバのフックとのサイズがイマイチ合わないことですかね~。
やはりシーバスやるなら道具にこだわりたいですね~。
あと、話に出てたラインはどこの使われてます?僕は色々使って、コストパフォーマンスで今はファイアーラインですが、トラブルレスでいいのですが、耐久度という点で満足していません。
いいラインありませんかね~?




じょんがりさん
こんにちは!
いいですよね~、このフック!
僕もRBのほう使ってるんですけど、SpだったらST-46に近いんじゃないですか?(実際に比べていないのでわかりませんが)
この前、何本かヒットさせてバラした時はRBのM使ってて、その後に行ったときは別のフックに変えて行ったんです。そしたらアタリはあるのに掛からなかった…。
状況が違ってただけかもしれませんが、シンペンのショートバイト対策にもいいと思いますよ。

ラインは以前はファイアーライン使っていましたけど、昨年からパワープロ(1.0)です。でもこれ、糸よれが気になります。
使ってて大きな問題は出ていないのですが…。大事といいながら問題はないので価格重視です(笑)
リーダーは使うものを固定していません。1,000円前後のソルト用のフロロリーダー12LBと20LBを釣り方と釣り場により使い分けています。
確かにフックって研ぐと錆びやすいですが、薄っすらと
錆が出てきた程度なら、ペットボトルとかの適当な容器に
砂を少量入れて、そこへフックを入れて激しくシェイクすると
錆は簡単に落ちますよ^^b
サンドブラストってやつです^^

と言いつつも、最近はそんなんも面倒なので交換
してますが^^;
ちなみに私もガマカツ大好き派です^^
ロッドは手が出せない分、ハリ位はガマカツ気分を
味わいたいので(笑)
さいころさん
こんにちは!
そんな技が・・・(笑) 今度試してみますね!
僕も昔っからがまかつを使ってましたが、シーバスだけはオーナーでした。
定番みたいに決まってたので・・・。
がまかつの竿、欲しいのあるけど手出ませんね、確かに!
メバリングロッド欲しいです…ラグゼコーストライン宵姫。
FJさん、まいどです。

針は大事!!
魚に触れる唯一の道具ですからね。
ガマカツのフック、かなり良さそうです。 が、まだ試せてません・・・
トップシーバスアングラーはしょっちゅう針変えてるみたいですねー!!
だんぢりさん
3連発コメントありがとうございました!
最近のトップアングラーは、ルアーとフックは別管理されてるようで・・・(笑)
現場でセットされてる方もいますね。
がまフック、一度お試しください!
フックの重要性、勉強になります!
さすがシーバスマンのFJさん、フックへのこだわりが
はんぱないです!
ぼくも将来のシーバシングに備えて
こんかいのブックの重要性を頭に入れておかせていただきます。
ワインドの時って、アシストかなり大事みたいですね。
昨秋、遠いツレから聞いたように思います。
今期秋は、エギング前にワインドも挑戦してみようと思ってます。
gashirahunterさん
こんにちは!
シーバスでこれだから、他の魚でも重要な要素だと思いますよ!
メバルのショートバイト対策にもヒントになれば、と思うんですが…。
きっとフックの違いだけで掛かる・掛からないの差は出ると思うんですよね。
メバリングだと、ジグヘッドの種類変えることになってしまいますけど(笑)
ムーチョさん
こんにちは!
ワインドのアシストは重要です!有無で釣果がかなり変わる可能性大ですよ。
噛み付く魚なんで、噛んだとこにフックなかったら掛かりませんから・・・。
秋のエギング後が一番楽しいかもしれませんよ。サイズがいいです!
FJ様

ラインの結束部がやはり擦れていたかも知れないです><
今まで意識したことがなかったのですごくいいヒントをいただいてありがとうございます。
ご指摘の通りいくらガシラでも3lbで30cmぐらいまでは引っこ抜けると思いますがやはり結束部が擦れて弱くなっていたように思います。
次回はビーズかましてやってみます。
ほんといいアイデアありがとうございます!
gashirahunterさん
こんばんは!
バレットシンカーも、モノによってはバリがついてたり粗いものもありますから、可能性大だと思います。
とくに細いラインですと、ほんの少しのキズが致命的になるんでしょうね!
ちょっと高価ですが、タングステン製で、中にゴム管が通っていてラインを保護できるタイプのバレットシンカーもありますよ。
ぜひリベンジして正体暴いてください!!
昨年ですが、ぽろっとご指摘いただいたのFishingJunkieさんでしたっけ?
まさしくこのフックさま様・・・
今週末、今シーズン初、1本だけ掛かりました。
そろそろ回ってきたのかもしれません。(サイズはまだまだですが・・・)
息子も私もワインドに激ハマリなんです。
ただ、単独釣行で仲間がいないとしんどいというのも分かりました。
今年の目標はドラゴン1本づつandサイズ関係なく息子と二人で1チャンス10本です。(=餌はカウントなし、目標だけは大きく)
去年は完全に我流ではじめてなんとなくの段階でシーズン終了でした。
今年は結果を出すシーズンと決めているので情報共有よろしくお願い致します。
うさぎさん
こんにちは!
んーー、すいません、よくわかりません。
過去のことは1週間前までしか覚えてないもので・・・

もうタチウオ釣ってきましたか!早っ!(笑)
この時期はベルトサイズですよね。
タチポン食べたいし、狙いに行こうかなとは思ってますけど、捌くの大変ですかね。
僕のワインドも完全我流で、毎釣行、1本釣るまで苦労してます。
1本釣れてパターンがわかると続くのですが…
いろいろご教示ありがとうございます。
とにかくどんな魚か顔が見たいのでダブルクリンチで
結束して、もし釣具屋に行ければゴム管付の
シンカーで挑みたいと思います。
ちなみにラインは3lbのままでいいでしょうか?
4lbに上げたほうがいいでしょうか?
FJさんのご意見お聞かせください。
個人的にはlbを上げつと感度が落ちるような
気がするのですが。
gashirahunterさん
こんにちは!
ロックフィッシュはガシラハンターさんのほうが経験豊富かと思いますが、テキサスリグだけで狙うなら僕だったら、もっと太いライン使うと思います。
根掛かりや、ラインにキズがつきやすい釣りだと思うので、細くてフロロの6lbくらいですかね…。
でも、ガシラハンターさんがこれまで長年ガシラを釣られてきた経験から、ラインの太さで感度やアタリの増減が変化すると感じられているなら、細いほうがいいと思いますよ!
あと、面倒ですが、後悔しないために良型1匹釣った後や、ちょっとでも気になったらすぐに結び直すのがいいと思います。

コメントを残す


プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。