スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販ルアーの塗装修復

え~、ちょうど数日前にMACOさんところでルアーの塗装保護のコーティングについての話題がありました。

僕の場合はボロボロになった後の修復をやるのですが、ちょうど今回1つやろうと思ってたルアーがあったので、写真を撮ってみましたので紹介します。

ただし、細かいところは気にしないお手軽カラー修復ですので、キレイに仕上げたい方はきっちり手間を惜しまずやってください。

今回のターゲットルアーは、僕のお気に入りミノーの1つ、ima B-太。
フックに擦れて、塗装に穴があいてしまったような感じになっていて、なんとも微妙な感じ。

bta1.jpg

これ、剥がれていないところも、ちょっとこするとすぐにこんな感じに……。

bta2.jpg

あ、そうそう、作業前にカッターナイフで目玉はキレイに取り外しましょう。

bta3.jpg

剥離材で塗装を剥がしてしまうのが望ましいのですが、今回はそこまでやりません。
サンドペーパーで簡単に剥がれる部分の塗装だけを落とし、塗装部分の段差も無くし滑らかになればOKです。
どうせ上から色塗りますからテキトーに(笑)

水洗いして乾かした後、ホログラムシールを切って貼ります(2枚重ねて同時に切れば左右分一度に作れます)。

bta4.jpg

塗装前に一度ウレタンにドブ漬けし、乾燥後、リップ部分をマスキングテープで保護してボディをシルバーの缶スプレーで塗ります。僕はホログラムにも塗装してしまうくらいが好きなので、ホログラムの上にも薄っすらかけてしまいます。

bta5.jpg

シルバーの塗装が乾燥したら、今度は背の部分にダークブルーを塗ります。背の部分は濃く、サイドはホログラムに少しかぶせる感じで斜めから。
ホログラムシールの切り方が雑だったので、切り後が変な段差になって出てきてしまいました。

bta6.jpg

リップ部分のマスキングテープを外して、ウレタンへ数回ドブ漬けしてコーティング。

bta7.jpg

ウレタンコーティングを何度か行って、ホログラムシールの段差がなくなったところで、もう一度色をかぶせることで、ある程度境目は消せます。(今回はそこまでやってません)

bta8.jpg

最終のコーティングが終わったら、あとは目玉を瞬間接着剤で取り付けて完了です。

bta9.jpg

bta10.jpg


あ、あと、缶スプレーでの塗装注意点を。

たとえばルアーの背などをスプレーで塗装する場合、絶対にスプレーは上から下へ動かすこと。
横への移動は上下にブレが出ますし、下から上はスピードが変化し、塗料の噴き付け量がかわります。

あと、スプレーの噴射ボタンを押してからルアーまでに、塗りしろを用意しておくこと。
上から下への一連のストロークの中心にルアーの塗装面がある、という感じにして、噴き始めと終わりはダンボール等の上。

意味わかってもらえるかどうか心配ですが、そうすると、まず直線のブレはありません。


ボロボロになったルアーの再塗装、簡単なのでやってみてください!
ホログラムシールは釣具店でも160円~300円くらいで、いろんな柄のものが売っています。
缶スプレーはプラモデル用です。

トラックバック

コメント

あっ!
メチャ勉強になる記事ですね~!!

段差が気になってたんですが
コーティングで段差をなくしてから塗装吹けばいいんですね!

でも、それくらい分厚くコーティングすると
泳ぎへの影響とかってありますか??
  • 2010/10/11 03:36
  • MACO
チョーサンが本当に良くはげるんでこれは参考になります。

上からシルバーかけるのもいいですね、キラキラよりもやや光沢落ちたほうが魚に近いんじゃないかと最近思い出してきてた考えにマッチしそうです。
  • 2010/10/11 07:09
  • しんぱく
MACOさん
おはようございます!
本来は、
(1)ルアーのベースカラーを塗る
(2)ホログラムを貼る
(3)ウレタンコーティングする(耐水ペーパー掛け)
(4)腹側カラーを重ね塗りする
(5)背側カラーを重ね塗りする
(6)ウレタンコーティングする
という工程でいけばいいと思います。

ホログラムシールは超薄いものを使うことと、切ったときの断面に気をつけていれば段差はコーティングを厚くしなくても消えますよ。
ペーパー掛けして馴染ませるのも効果的です。

ウレタンはとくに厚いので、塗れば塗るほど影響は出ると思います。
フックサイズ変更と同じようなもんですよね。
だから、やっぱり「別バージョン」としてローテーションの1つとしてます。
捨てるよりいいでしょ(笑)
  • 2010/10/11 08:28
  • FJ
しんぱくさん
おはようございます!
ホログラムの輝きをあえておさえる・・・これが最近の僕の好みです(笑)
完全に輝きがなくなるわけじゃなく、ホログラムのあった位置は、角度によって輝きが出てくるんです。

その後、上塗りした後の最終手前状態の写真を追加しました(最後の写真です)。
いい感じに仕上がってきました。

  • 2010/10/11 08:36
  • FJ
美しいですね!

家でスプレーやらコーティングすると家族から苦情でません?
ウチはかなり苦情がきます。
  • 2010/10/11 16:14
  • バッカス
バッカスさん
こんにちは!
苦情でますね・・・(笑)
室内では絶対無理なので、ガレージで細々とやっています。
一回、外でやったら風が吹いてスプレーが自分に向かって返ってきたことがあります(笑)
  • 2010/10/11 17:15
  • FJ
お見事です
塗装上手いっすね!
ひょっとしてガンプラとかも大分作りました?
僕は色のセンスがまったくないんです
いつも関心しまくりです
とと坊主さん
こんばんは!
いえいえ、ホログラムシールの威力です。
あとはスプレー噴いてるだけですから・・・。
ガンプラはめちゃくちゃ作りましたけど、子供のころだったので色塗らなかったり、筆塗りだったりでしたよ。
スプレーは、先月覚えました(笑)
  • 2010/10/11 19:08
  • FJ
慣れた仕上がりですね~^^
やっぱりシーバスルアーとかって単価高いので、
こうやって補修して長く使わないと費用対効果が
見合わないですもんね^^b

私も昔、自作ミノーは缶スプレーでチャレンジ
しましたが、下手な仕上がりだったので、昔の
ラパラとかヘドンのようなショボイカラーになって
しまった記憶があります^^;

機会があれば、自作・補修のテクニック教えて
下さいね^^
さいころさん
こんにちは!
費用対効果考え出すと、ほとんどのルアーは元がとれてません(笑)
とりあえず、気に入っているルアーはこうやって復活させたくなりますね。
そうじゃないルアーは中古屋行きですので、そこまでしません(笑)

缶スプレーはエアブラシのようなことは出来ませんが、こんな感じの単純なカラーリングなら簡単ですよ。
実は缶スプレーの選択が一番重要でして、過去、100均、ホームセンターモノなど、いろいろ試したんですけど、プラモデル用の1コ500円くらいするタミヤのものが一番使いやすいです。
  • 2010/10/12 12:47
  • FJ

コメントを残す


プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。