スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴムボートのバウデッキ製作 2

バウデッキとチューブを固定するための強度のあるベルトが見つからなかったので、「ゴムボート バウデッキ」などで検索したらヒット数も多く一番利用者の多そうな、標準的な方法(?)でいくことにします。

その方法は多目的台座キット(ジョイクラフト)というパーツを使います。アキレスだと竿掛けモールド、ゼファーボートだとマルチアダプターという名称で、各社のボート用に販売されていますが、互換性があるため各社のオプションパーツを取り付ける際に利用できます。

b1_20130402153122.jpg

僕が買ったジョイクラフト TR4-WKにも、もともと標準で2個の多目的台座が着いてるんですが、位置がボートのサイドチューブ上なので、今回は使えません。今後ロッドホルダーを増設する際に使う予定です。


この多目的台座をバウデッキを乗せるチューブ上に2個取り付け、バウデッキには多目的台座の大きさの穴を開けて、多目的台座をバウデッキに差し込みます。バウデッキの上から多目的台座の横についている穴から長ボルトなどを差し込んで外れないように固定……という超シンプルな方法です。

この多目的台座はかなりしっかりしているので、たぶん強度面でも安定すると思いますし、取り付けの手間もかからないので、ベストな方法なんでしょうね。利用者が多いのも安心です。

一応、保護目的でベルトでの固定方法も併用しようかと思います。


パーツの到着待ち、到着後の作業、接着時間などを考えたら、進水式はもうしばらく先になりそうです。
ボート本体が既に自宅にあるのにまだ乗れないのは結構ツライです……。

トラックバック

コメント

ボートもイロイロ取り付けたりで、時間もお金掛かるんですね(^^;
買ってすぐ乗れるもんだと思ってました(笑)
  • 2013/04/02 16:32
  • 銀時
>銀時さん
手漕ぎボートを普通に手漕ぎで使うだけなら開封してすぐ乗れますよ。
お金がないので、お金を掛けずに自力で手漕ぎボートでエレキ使おうと思ってるから時間がかかるんです(笑)
  • 2013/04/02 16:49
  • FJ
自分もカヤックとか、ゴムボには憧れましたが確かに自宅でずっと膨らませっぱなしはキツいもんがありますよね(^^;)
でもみんなこういったことで苦労してそうですし。
自分も買うとなったら…と思って参考にしています。
このほうほう書いてあるページ見た!
もし買ったら
と思い予習のために・・・

あかんあかん(笑)
>muchoさん
僕も色んなブログを見て参考にさせてもらってます。
たくさん情報があればいいとこ取りできますしね。
ちなみに、カヤックもやっぱり欲しいです(笑)
まあ、現実的には無理ですけど・・・

>うさぎさん
一番普及してる方法のようです。
調べるとたくさん出てきますね。
遠慮なくゴムボ買ってください!(笑)
  • 2013/04/03 22:47
  • FJ
はやく仕上げないと

もうシーズンインっすよ!
  • 2013/04/04 15:45
  • hassy
>hassyさん
大丈夫です!焦らずじっくり準備します。
どっちにしてもスポーン前後の時期は苦手ですしね・・・(涙)
  • 2013/04/04 18:30
  • FJ

コメントを残す


プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。