スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振動子ガード

魚探の振動子ガードを買いました。

saver1.jpg


これまでは、アルミ板2枚で挟み込んでガードするタイプのものを使ってました。

gyotan2.jpg

これだと、形状の問題で、キールやラダー的な余計な能力を発揮してしまうようで、ペダルの操作性が非常の悪くなりました。さらに、水流の影響か何かで直進から急に真横に向いてしまった時は結構恐怖です。

ペダルのスイッチを踏んでエレキを動かしている時は足を離せば止まるのでまだいいですが、長距離移動などで、ペダルを踏まなくても常時ON状態にしている時はさらに危険で、湖上でドーナツターン状態になります。超危険です。

ホントにそうなります。

実体験しましたから。ええ(笑)

その時は、なんとかしゃがみこんでスイッチを切ることができましたが、パニックになると間違いなく転落コースです。


この振動子ガード、結構高価なのですが、もう一度あんな恐怖を体験をするよりはマシだと思って買いました。

saver2.jpg

おそらく水流問題は解決するんではないかと思いますが、ガード性能としてはどうなんでしょう。
振動子の下部分は露出してるので、擦ってしまった時にはガードできないんじゃ……っていう気も。

まあ、でも、まずは危険回避が先なんで、しょうがないですね。

トラックバック

コメント

コメントを残す


プロフィール

Author: FJ
気が付くと40代のおっさんアングラー。
「釣るまで帰らん!」をモットーに粘りの釣りを展開してた時期もありましたが、最近はイージーに釣れる展開だけを好み、釣れない時の諦めはかなり早いです。

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

その他リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。